読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

衛生001◆ 【免許】 免許を受けないでこれらの業を行えば、(50)万円以下の罰金。 衛生002◆ 【免許】 免許は(一身専属)であり、第三者に譲渡、相続できない。 衛生003◆ 【免許】 業としようとする者 = (反復継続の意思をもって施術を行うこと) 衛生004◆ 【免許】 法第3条(欠格事由):次の次号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある・・・ 衛生005◆ (ヒポクラテス)は医学の父、医聖とも呼ばれている。 衛生006◆ 衛生をhygieneと名づけたのはローマ時代の(ガレヌス)である。 衛生007◆ (レーベンフック)が顕微鏡にて細菌を発見したことにより細菌学が発祥した。 衛生008◆ 種痘法を開発したのはイギリス人の(ジェンナー)である。 衛生009◆ 種痘(天然痘)は種痘法の普及により、(根絶)している。 衛生010◆ (レーベンフック)→顕微鏡により原生動物や細菌を発見。 衛生011◆ (ジェンナー)→種痘法を開発 衛生012◆ (ペッテンコーフェル)→初の衛生学講座を設立 衛生013◆ ( コッホ )→結核菌を発見 衛生014◆ (パスツール)→狂犬病ワクチンを発明 衛生015◆ (フレミング)→ペニシリンの発見 衛生016◆ レーベンフック→(顕微鏡により原生動物や細菌を発見。) 衛生017◆ ジェンナー → (種痘法)を開発 衛生018◆ ペッテンコーフェル → (初の衛生学講座を設立) 衛生019◆ コッホ → ( 結核菌 )を発見 衛生020◆ パスツール → (狂犬病ワクチン)を発明 衛生021◆ フレミング → (ペニシリン)の発見 衛生022◆ WHOを漢字で書くと、(世界保健機関)である。 衛生023◆ WHOは(1948)年に発足し、本部は(ジュネーブ)にある。 衛生024◆ (ジュネーブ宣言)は「ヒポクラテスの誓い」を元にして医師の倫理について宣誓している。 衛生025◆ プライマリヘルスケアの概念を提唱したのは(アルマアタ宣言)である。 衛生026◆ 医学研究においてインフォームドコンセントの必要性を述べたのは(ヘルシンキ宣言)である。 衛生027◆ (インフォームドコンセント)とは十分な説明を受けた上での患者の同意・承諾、である。 衛生028◆ 患者が良質の医療を受ける権利や秘密保持を得る権利を述べたのは(リスボン宣言)である。 衛生029◆ [ドリル] アルマアタ宣言では(プライマリヘルスケア)を提唱した。 衛生030◆ [ドリル] プライマリヘルスケアとは(包括)的保健システムのことである。 衛生031◆ 【○○宣言とキーワード】 (ジュネーブ宣言):医師の倫理 衛生032◆ 【○○宣言とキーワード】 (ヘルシンキ宣言):インフォームドコンセント 衛生033◆ 【○○宣言とキーワード】 (アルマアタ宣言):プライマリーヘルスケア 衛生034◆ 【○○宣言とキーワード】 (リスボン宣言):患者の権利 衛生035◆ 【○○宣言とキーワード】 (オタワ憲章):ヘルスプロモーション 衛生036◆ 【○○宣言とキーワード】 ジュネーブ宣言:(医師の倫理) 衛生037◆ 【○○宣言とキーワード】 ヘルシンキ宣言:(インフォームドコンセント) 衛生038◆ 【○○宣言とキーワード】 アルマアタ宣言:(プライマリーヘルスケア) 衛生039◆ 【○○宣言とキーワード】 リスボン宣言:( 患者の権利 ) 衛生040◆ 【○○宣言とキーワード】 オタワ憲章:(ヘルスプロモーション) 衛生041◆ プライマリーヘルスケアとは、(地域社会)に根差した方法と資源で(住民自ら)が参加した保健医療システムを作ることである。 衛生042◆ 平安時代に、(丹波康頼)が日本現存最古の医学書である(医心方)を著した。 衛生043◆ 日本では、個人生活の指導書として江戸時代に貝原益軒が(養生訓)を著した。 衛生044◆ 日本では、個人生活の指導書として江戸時代に(貝原益軒)が養生訓を著した。 衛生045◆ 現在の日本では生活様式の変化による(生活習慣病)が大きな課題となっている。 衛生046◆ 国民の生存権を保障しているのは(日本国憲)法 第(25)条である。 衛生047◆ 生活習慣病対策として、2000年に(健康日本21)開始 2003年に (健康増進)法施行 衛生048◆ 日本国憲法第25条 → (生存)権が保障されるとともに、国民の健康と福祉の向上について国の義務が規定されている。 衛生049◆ 公衆衛生の定義としてよく知られているのは、アメリカの公衆衛生学者の(ウィンスロー)による定義である。 衛生050◆ 英語での健康healthの語源として(全体)(hal = whole) として(機能)するというのが語源である。 衛生051◆ WHOによる健康の概念には個人の(心身)の健康はもとより(社会)的健康が入っている。 衛生052◆ WHO憲章による定義:健康は(身体的)にも(精神的)にも(社会的)にも完全に良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないということではない。 衛生053◆ 疾病の自然史として、疾病の段階は(感受性)期→(発症前)期→(臨床的疾病)期→回復・機能障害 がある。 衛生054◆ 【予防医学】 一次予防は、(まだ疾病をもたない)時期 (=(感受性)期) 衛生055◆ 【予防医学】 一次予防は、(健康増進)と(特異的予防)があげられる。例えば(健康教育)や(予防接種)など。 衛生056◆ 【予防医学】 一次予防の特異的予防とは、(予防接種)、(事故)防止、(職業病)対策、(公害防止)対策などである。 衛生057◆ 【予防医学】 二次予防は、(すでに発生している疾病をより早期に発見する)時期 衛生058◆ 【予防医学】 三次予防は、うまく社会復帰でき、(生活の質) (=(quality of life))を守れるように医療や介護を行うことである。 衛生059◆ 【予防医学】 三次予防は、例えば(機能回復訓練)などがあげられる。 衛生060◆ 【予防医学】 予防接種は、第(一)次予防である。 衛生061◆ 介護などで、ベッド上で長く安静にしておくと、ほんとうに寝たきりになってしまうことを(廃用症候群)という。 衛生062◆ 疾病の自然史における発症前期での予防を第(二)次予防という。 衛生063◆ 禁煙は第(一)次予防である。 衛生064◆ 公害防止対策、職業病対策などの特異的予防は第(一)次予防である。 衛生065◆ 健康診断は第(二)次予防である。 衛生066◆ 廃用症候群を予防するための機能回復訓練は第(三)次予防である。 衛生067◆ 糖尿病患者への食事指導は第(二)次予防である。 衛生068◆ 傷病の再発予防は第(三)次予防である。 衛生069◆ 人間ドックは第(二)次予防である。 衛生070◆ [ドリル] 予防接種は第(一)次予防である。 衛生071◆ [ドリル] 健康診断は第(二)次予防である。 衛生072◆ [ドリル] 糖尿病患者の人工透析は第(三)次予防である。 衛生073◆ [ドリル] 禁煙は第(一)次予防である。 衛生074◆ [ドリル] リハビリテーションは第(三)次予防である。 衛生075◆ 職場において、健康管理活動の受益者は(従業員)である。 衛生076◆ 集団検診を行うための条件として、テストの診断制度が(高い)、当該疾患の罹患率・死亡率が(高い)、(早期発見)の効果があること、等があげられる。 衛生077◆ 集団検診で目的とする疾病の疑いがある者を一定の検査項目で選びだすことを(スクリーニング)検査という。 衛生078◆ (敏感度)とは、病気をもつひとを正しく陽性と判断できる力を指す。 衛生079◆ (特異度)とは、病気をもたないひとを正しく陰性と判断できる力を指す。 衛生080◆ 検査項目のどの値で振り分けるのかを示す値を(カットオフポイント)または(カットオフ値)という。 衛生081◆ 日本においては健康管理の領域を(地域)保健、(学校)保健、(職域)保健の3つに分けて把握している。 衛生082◆ 日本人の主要4大死因は平成23年現在、①(悪性新生物)、②(心疾患)、③( 肺炎 )、④(脳血管疾患)である。 衛生083◆ ヘルスプロモーションの概念を元にわが国で行われている健康運動は(健康日本21)である。 衛生084◆ ヘルスプロモーションの5つの活動分野として(健康を支援する環境の創造)(健康的な公共政策づくり)(地域活動の強化)(ヘルスサービスの方向転換)(個人的なスキルの強化)がある。 衛生085◆ BMIとは(Body Mass Index)の略である。 衛生086◆ BMIは、(25以上)を肥満、(18.5未満)をやせとしている。 衛生087◆ 食塩の食事摂取基準は、男(8)g未満、女(7)g未満 衛生088◆ 健康日本では、公共の場における(受動)喫煙の防止が目標となっている。 衛生089◆ 2016年世界禁煙デーのテーマは(プレーンパッケージをめざそう) 衛生090◆ 適正飲酒量は純アルコールで約(20g)で、ワインはワイングラス2杯程度である。 衛生091◆ 人口動態統計その他地域保健に関わる統計に関することは( 保健所 )の役割である。 衛生092◆ 一般廃棄物の処理は(市区町村)の役割である。 衛生093◆ 母子手帳の交付は(市区町村)の事業である。 衛生094◆ 臨床心理士は(国家資格)ではない 衛生095◆ [ドリル] 保健所は(地域保健)法に基づき設置される。 衛生096◆ [ドリル] タバコの(副流煙)は受動喫煙に大きく影響する。 衛生097◆ 日本人の成人男子の喫煙率は、先進国のなかでは( 高い )。 衛生098◆ タバコの煙には、約(4000)種類の化学物質が含まれている。また、数千ppmの(一酸化炭素)が含まれているため、喫煙する妊産婦は、胎児への酸素供給能力にゆとりが少なくなる。 衛生099◆ 保健所は、(地域保健)法に基づいて、人口約(20万)人に1か所を基準に設置。 衛生100◆ 保健所長は、原則的に(医師)である。 衛生101◆ (市区町村)の対人保健活動として、予防接種や母子健康手帳の交付などがある。 衛生102◆ 市区町村の対物保健活動として、(一般廃棄物)の処理、(火葬・埋葬)の許可などがある。 衛生103◆ (医療)法により、医療提供施設は、病床数(20)以上が病院、(19)以下を(診療所)という。 衛生104◆ 第三次医療の圏域としては(都道府県全域)があてられている。 衛生105◆ 特定機能病院の承認者は(厚生労働大臣)であり、(高度医療)や(先端医療)を提供する。 衛生106◆ 特定機能病院は、(三)次医療圏に約1施設あるのが望ましいとされ、(高度)医療、(先進)医療を提供する。 衛生107◆ 地域医療支援病院の承認者は、(都道府県知事)であり、紹介患者への医療の提供と(救急医療)を行う。 衛生108◆ 医療保障には、(公費医療)と(医療保険)がある。 衛生109◆ 被用者保険には、(健康)保険、(船員)保険、(共済)組合がある。 衛生110◆ [ドリル] 自営業者が加入する医療保険は(国民健康)保健である。 衛生111◆ 措置入院、1類感染症による入院などは(公費医療)の対象となる。 衛生112◆ 【医療保険】 中小企業などの被用者が加入する政府管掌健康保険は、全国健康保険協会に移管され、(協会けんぽ)という名称となった。 衛生113◆ 医療保険では、設立運営主体を( 保険者 )、医療を受ける者を(被保険者)という。 衛生114◆ 我が国の医療保険は(国民皆保険)制と(現物)給付が原則である。 衛生115◆ 後期高齢者医療制度の対象は、(75)歳以上のものである。 衛生116◆ わが国の国民医療費は約(39.2兆)円である。 衛生117◆ 以下の例などは保険診療の対象にならない。①正常な(妊娠・分娩) ②健康の維持・増進を目的として(健康診断や予防接種) ③ 固定した身体障害のための(義眼や義肢) ④(介護保険)に基づく費用 衛生118◆ 医療事故の中で、医療従事者が医療の遂行において当然払うべき注意義務を怠り、患者の生命・身体を侵害し、死傷等の被害を発生させたものを(医療過誤)という。 衛生119◆ 日常診療の場で、誤った医療行為などが患者に実施される前に発見されたもの、あるいは誤った医療行為などが実施されたが、結果として患者に影響を及ぼすに至らなかったものを(インシデント)または(ヒヤリ・ハット)という。 衛生120◆ はり師きゅう師の療養費の支給対象となる疾病は、①(神経痛)②(リウマチ)③(頸腕症候群)④(五十肩)=(肩関節周囲炎)⑤(腰痛症)⑥(頚椎捻挫後遺症) 衛生121◆ マッサージで療養費として取り扱うことのできる症状は、①(脳出血による片麻痺)②(関節運動の障害)など 衛生122◆ 臓器移植法の臓器とは、(心臓)( 肺 )(肝臓)(腎臓)、その他厚生労働省令で定める内臓(膵臓)と(小腸)および眼球(角膜)をいう。 衛生123◆ 3大栄養素とは、(たんぱく質)( 脂質 )(炭水化物)である。 衛生124◆ 5大栄養素は、3大栄養素に加えて(ビタミン)(ミネラル) 衛生125◆ 食塩のとりすぎは(高血圧)や(脳卒中)、(心臓病)を引き起こすリスクとなる。 衛生126◆ 2015年版 食事摂取基準では、エネルギーの設定指標として( BMI )が採用されている。 衛生127◆ [ドリル] 成人男女のBMIは(22)を標準としている。 衛生128◆ 食事から摂取する脂肪酸のバランスは、飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=(3):(4):(3) 衛生129◆ 食事から摂取する脂肪酸のバランスの、SMP比のSは(飽和脂肪酸)、Mは(一価不飽和脂肪酸)、Pは(多価不飽和脂肪酸)である。 衛生130◆ 食事から摂取する脂肪酸のうち、n-3系脂肪酸:n-6系脂肪酸=(1);(4) 衛生131◆ BMI の計算式は、( 体重kg ) ÷ (( 身長m )の二乗)である。 衛生132◆ BMI における標準は(22)とされている。 衛生133◆ 保健機能食品の認可・承認は(消費者庁長官)が行っている。 衛生134◆ 栄養機能食品を製造・販売するには(国が定めた規格基準に適合すればよい)。 衛生135◆ 保健機能食品には、(特定保健用食品)(栄養機能食品)(機能性表示食品)がある。 衛生136◆ 食事摂取基準において、生活習慣病の予防を目的とした指標は( 目標 )量である。 衛生137◆ 食事摂取基準において、過剰摂取による健康障害の回避を目的とした指標は(耐容上限)量である。 衛生138◆ 【栄養素の指標】 (推定平均必要)量:半数の人で必要量を満たす量 衛生139◆ 【栄養素の指標】 ( 推奨 )量:ほとんどの人(97-98%)で必要量を満たす量 衛生140◆ 【栄養素の指標】 ( 目安 )量:不足状態の人がほとんど観察されない量 衛生141◆ 【栄養素の指標】 (耐容上限)量:過剰摂取による健康障害のリスクがないとみなされる量 衛生142◆ 【栄養素の指標】 ( 目標 )量:生活習慣病の一次予防のために目標とすべき量 衛生143◆ ビタミンKは(脂)溶性ビタミンである。 衛生144◆ くる病は(ビタミンD)の欠乏症である。 衛生145◆ 悪性貧血は(ビタミンB12)または( 葉酸 )の欠乏症である。 衛生146◆ [ドリル] ビタミンAは(脂)溶性ビタミンである。 衛生147◆ [ドリル] ビタミンB1が不足すると(脚気)を発症する。 衛生148◆ 必須アミノ酸 9つは、(トリプトファン)( ロイシン )( リジン )( バリン )(スレオニン)(フェニルアラニン)(メチオニン)(イソロイシン)(ヒスチジン) ヒント(トロリーバス フメイヒート) 衛生149◆ 脂溶性ビタミンは、ビタミン(A)(D)(E)(K) 衛生150◆ [ドリル] 飽和脂肪酸動脈硬化を(促進)する。 衛生151◆ [ドリル] 近年の日本人の塩分摂取量は目標値を(上回っている)。 衛生152◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (タンパク質の欠乏)→クワシオルコール 衛生153◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンAの欠乏)→夜盲症 衛生154◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンAの過剰)→脳圧亢進 催奇形性 衛生155◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンDの欠乏)→くる病 衛生156◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンDの過剰)→石灰沈着 腎障害 衛生157◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンKの欠乏)→出血傾向 衛生158◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンKの過剰)→溶血性貧血 核黄疸 衛生159◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンB1の欠乏)→脚気 ウェルニッケ脳症 衛生160◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンB2の欠乏)→口角炎 衛生161◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ナイアシンの欠乏)→ペラグラ 衛生162◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンB12欠乏)→悪性貧血 ハンター舌炎 衛生163◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (葉酸欠乏)→悪性貧血 胎児の神経管閉鎖傷害 衛生164◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ビタミンC欠乏)→壊血症 出血傾向 衛生165◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ナトリウム過剰)→高血圧 胃癌 衛生166◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (カルシウム欠乏)→骨粗鬆症 衛生167◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (鉄欠乏)→鉄欠乏性貧血 衛生168◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (亜鉛欠乏)→皮膚炎 味覚障害 褥瘡 衛生169◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 (ヨウ素欠乏・過剰)→甲状腺腫 衛生170◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 タンパク質の欠乏→(クワシオルコール) 衛生171◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンAの欠乏→(夜盲症) 衛生172◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンAの過剰→(脳圧亢進)(催奇形性) 衛生173◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンDの欠乏→(くる病) 衛生174◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンDの過剰→(石灰沈着)(腎障害) 衛生175◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンKの欠乏→(出血傾向) 衛生176◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンKの過剰→(溶血性貧血)(核黄疸) 衛生177◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンB1の欠乏→(脚気)(ウェルニッケ脳症) 衛生178◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンB2の欠乏→(口角炎) 衛生179◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ナイアシンの欠乏→(ペラグラ) 衛生180◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンB12欠乏→(悪性貧血)(ハンター舌炎) 衛生181◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 葉酸欠乏→(悪性貧血)(胎児の神経管閉鎖傷害) 衛生182◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ビタミンC欠乏→(壊血症)(出血傾向) 衛生183◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ナトリウム過剰→(高血圧)(胃癌) 衛生184◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 カルシウム欠乏→(骨粗鬆症) 衛生185◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 鉄欠乏→(鉄欠乏性貧血) 衛生186◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 亜鉛欠乏→(皮膚炎)(味覚障害)(褥瘡) 衛生187◆ 【栄養素の欠乏・過剰】 ヨウ素欠乏・過剰→(甲状腺腫) 衛生188◆ 豚を感染経路として発症する(有鉤条虫)症は、てんかん、痙攣、言語障害など脳機能障害を起こすことがある。 衛生189◆ 寄生虫による食中毒を予防するには、魚介類、肉類は十分に(冷凍)または(加熱)する。 衛生190◆ アニサキスの感染経路は( サバ )( イカ )などである。 衛生191◆ (アニサキス)の感染経路はサバ、イカなどである。 衛生192◆ 肺吸虫の感染経路は(サワガニ)(モクズガニ)などである。 衛生193◆ (肺吸虫)の感染経路はサワガニ、モクズガニなどである。 衛生194◆ 日本住血吸虫の感染経路は、(宮入貝)(経皮感染)である。 衛生195◆ (日本住血吸虫)の感染経路は、宮入貝、経皮感染である。 衛生196◆ 高血圧は、(食塩)を減らし、(カリウム)の摂取量を増やすべきである。 衛生197◆ 痛風は、(尿酸値)の上昇が発病のリスクである。

新verは、タップすると答えがついたり消えたりします。

督脈 (長強)(腰愈)(腰陽関)(命門)(懸枢)(脊中)(中枢)(筋縮)(至陽)(霊台)(神道)(身柱)(陶道)(大椎)(瘂門)(風府)(脳戸)(強間)(後頂)(百会)(前頂)(顖会)(上星)(神庭)(素髎)(水溝)(兌端)(齦交) 任脈 (会陰)(曲骨)(中極)(関元)(石門)(気海)(陰交)(神闕)(水分)(下脘)(建里)(中脘)(上脘)(巨闕)(鳩尾)(中庭)(膻中)(玉堂)(紫宮)(華蓋)(璇璣)(天突)(廉泉)(承漿) 手の太陰肺経 (中府)(雲門)(天府)(侠白)(尺沢)(孔最)(列欠)(経渠)(太淵)(魚際)(少商) 手の陽明大腸経 (商陽)(二間)(三間)(合谷)(陽渓)(偏歴)(温溜)(下廉)(上廉)(手三里)(曲池)(肘髎)(手五里)(臂臑)(肩髃)(巨骨)(天鼎)(扶突)(禾髎)(迎香) 足の陽明胃経 (承泣)(四白)(巨髎)(地倉)(大迎)(頬車)(下関)(頭維)(人迎)(水突)(気舎)(欠盆)(気戸)(庫房)(屋翳)(膺窓)(乳中)(乳根)(不容)(承満)(梁門)(関門)(太乙)(滑肉門)(天枢)(外陵)(大巨)(水道)(帰来)(気衝)(髀関)(伏兎)(陰市)(梁丘)(犢鼻)(足三里)(上巨虚)(条口)(下巨虚)(豊隆)(解渓)(衝陽)(陥谷)(内庭)(厲兌) 足の太陰脾経 (隠白)(大都)(太白)(公孫)(商丘)(三陰交)(漏谷)(地機)(陰陵泉)(血海)(箕門)(衝門)(府舍)(腹結)(大横)(腹哀)(食竇)(天渓)(胸郷)(周栄)(大包) 手の少陰心経 (極泉)(青霊)(少海)(霊道)(通里)(陰郄)(神門)(少府)(少衝) 手の太陽小腸経 (少沢)(前谷)(後渓)(腕骨)(陽谷)(養老)(支正)(小海)(肩貞)(臑兪)(天宗)(秉風)(曲垣)(肩外兪)(肩中兪)(天窓)(天容)(顴髎)(聴宮) 足の太陽膀胱経+ (睛明)(攅竹)(眉衝)(曲差)(五処)(承光)(通天)(絡却)(玉枕)(天柱)(大杼)(風門)(肺兪)(厥陰兪)(心兪)(督兪)(膈兪)(肝兪)(胆兪)(脾兪)(胃兪)(三焦兪)(腎兪)(気海兪)(大腸兪)(関元兪)(小腸兪)(膀胱兪)(中膂兪)(白環兪)(上髎)(次髎)(中髎)(下髎)(会陽)(承扶)(殷門)(浮郄)(委陽)(委中)(附分)(魄戸)(膏肓)(神堂)(譩譆)(膈関)(魂門)(陽綱)(意舎)(胃倉)(肓門)(志室)(胞肓)(秩辺)(合陽)(承筋)(承山)(飛揚)(跗陽)(崑崙)(僕参)(申脈)(金門)(京骨)(束骨)(足通谷)(至陰) 足の少陰腎経 (湧泉)(然谷)(太渓)(大鍾)(水泉)(照海)(復溜)(交信)(築賓)(陰谷)(横骨)(大赫)(気穴)(四満)(中注)(肓兪)(商曲)(石関)(陰都)(腹通谷)(幽門)(歩廊)(神封)(霊墟)(神蔵)(彧中)(兪府) 手の厥陰心包経 (天池)(天泉)(曲沢)(郄門)(間使)(内関)(大陵)(労宮)(中衝) 手の少陽三焦経 (関衝)(液門)(中渚)(陽池)(外関)(支溝)(会宗)(三陽絡)(四瀆)(天井)(清冷淵)(消濼)(臑会)(肩髎)(天髎)(天牖)(翳風)(瘈脈)(顱息)(角孫)(耳門)(和髎)(糸竹空) 足の少陽胆経 (瞳子髎)(聴会)(上関)(頷厭)(懸顱)(懸釐)(曲鬢)(率谷)(天衝)(浮白)(頭竅陰)(完骨)(本神)(陽白)(頭臨泣)(目窓)(正営)(承霊)(脳空)(風池)(肩井)(淵腋)(輒筋)(日月)(京門)(帯脈)(五枢)(維道)(居髎)(環跳)(風市)(中瀆)(膝陽関)(陽陵泉)(陽交)(外丘)(光明)(陽輔)(懸鍾)(丘墟)(足臨泣)(地五会)(侠渓)(足竅陰) 足の厥陰肝経 (大敦)(行間)(太衝)(中封)(蠡溝)(中都)(膝関)(曲泉)(陰包)(足五里)(陰廉)(急脈)(章門)(期門)